エレキベースの口コミ・レビューなら

コード理論!簡単にできるおすすめメロディ〜小室進行〜

小室進行

| Am | F | G | C |

(VIm-IV-V-I)

 

小室哲哉氏が多用したことで知られる進行。主にサビで使用する。「Get Wild」「悲しいね」「masquerade」「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント〜」等々、たくさんある。2000年代に入ってもまだまだたくさん用いられており、特に作曲者の年齢層の影響か、VOCALOID曲に用いられることが多い。

 

コード進行は、4度ずつ上がる逆循環進行| Am | Dm7 | G | C | のDm7をFに変えたものだが、これにより暗いAmから明るいFへ直接進行させることになり、強い解放感が生まれる。G→Cの部分も明るいので、全体に曲が明るくなることが多い。

 

代理コード

AmとFの間に、経過和音としてAm7/G・Em/GやGが入ることがよくある。

 

| Am G | F | G | C |
(「Get Wild」など)

 

経過和音のほうが長くなって、1小節分使うこともある。

 

| Am | Em/G | F G | C |
(「恋しさと せつなさと 心強さと」「LEVEL5 -judgement- / fripSide」など)

 

関連記事
エフェクター基礎編〜全種類紹介します〜

スポンサードリンク